掃除が終わったら乾燥させる

この記事をシェアする

正しいその後の対応とは

カビや雑菌は、湿気が溜まっているところを好んで繁殖します。
せっかく掃除をしても、湿っているままにしているとカビが発生するので気をつけてください。
換気すると、浴室が乾くのでカビ対策になります。
掃除が終わったら、必ず換気扇を回しておきましょう。
換気扇を回す際は、浴室のドアも開けてください。

すると空気の通り道ができるので、よりすばやく乾燥させられます。
最低でも1時間ぐらいは、換気扇を回すのがおすすめです。
掃除をしたから大丈夫だと、油断しないでください。
掃除の効果を最大限に発揮できるように、換気が必要です。
また浴室で使ったタオルは、洗面所に置いておきましょう。
濡れたタオルがあると、いつまで経っても乾燥させられません。

家電を活用しよう

アパートやマンションなどの賃貸では、浴室に換気扇が備わっていないことが考えられます。
ドアを開けているだけでは換気ができないので、乾燥機や除湿器を購入してください。
それを起動させて浴室に置いておけば、浴室がしっかり乾くので大丈夫です。
余計な出費が発生するからと、購入を控えている人が見られます。

しかし湿気対策をしていないとカビが発生するので、後からの掃除が大変になります。
なかなか落ちなくてかなりの時間と体力を使いますし、結局自分の力では綺麗にできなくて専門的な業者を呼ぶことになるかもしれません。
すると家電を購入した時以上の金額が発生してしまいます。
最初から、家電を買ってカビ対策をした方がいいでしょう。